むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

人間として。

携帯電話のカメラ、すごく便利です。
わたしも普段使いのカメラとして、カメラ性能のいい機種を選んだぐらいだし。
でもね。
便利だから、手軽だからっていつでもどこでもなんでも撮影していいよ、というわけではない。

まずはこのニュース。

ダルビッシュ 写メ撮影「集中できない」
日本ハムのダルビッシュ有投手(22)が28日、チームより3日早く春季キャンプ地の沖縄・名護に入り、早くもピリピリムードを漂わせた。ブルペンでの投球中には、携帯電話のカメラで撮影しようとしたファンを一喝。さらにマウンドの傾斜にも不満を漏らすなど、“怒りオーラ”が全開だった。(一部抜粋)
怒って当然、怒られて当然やろ。
これを読んで、ダルビッシュ批判をする人の気持ちがわからないんだけど。


というのも、先日のこと。
知り合いが電車の人身事故の現場にたまたま居合わせてしまったんだけど、そのときに、事故現場を携帯電話の写真で撮影している人がたくさんいたことが、現場に居合わせたことよりもショックだったという話をしていた。
そうこうしているうちに警察が来て、目撃者はいないかと探しはじめたけれど、名乗り出る人はいなかったらしい。

ほかにも、秋葉原の通り魔事件のときに現場に居合わせた知人が、やっぱり現場を携帯電話の写真で撮影して友人にメールで送ったら、「人でなしと言われた」なんていう話を、平気な顔でしていたりとか。

モラルとか常識とかデリカシーとか、ボーダレスになってしまったと言われて久しいけれど、せめて最低限の人間らしさとか、人としてのきもちというものを考えていただきたい、と思う今日この頃。
もちろん、自省も込めてね。
[PR]
by yukaripod | 2009-01-29 15:47 | ケ セラ セラ