むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

野球つながり

f0194020_46823.jpgONE OUTS

火曜日深夜に放送されている野球アニメ。
野球を知っている人にしかわからないぐらいマニアックなんだけど、実際にはありえない、ツッコミどころ満載の主人公、渡久地東亜が次になにをやってくれるのか楽しみになってきた今日この頃。

「試合で1つアウトを取るごとに球団側が500万円を支払い、逆に失点した場合は1点に付き5000万円を東亜が支払う」契約(最近は試合ごとにレートが変わる)に始まり、オーナーが試合を妨害したり、わざと試合を遅らせて降雨ノーゲームにしたり、内野手が9人になったり、内野手が1人になったり、ピッチャーとバッターの会話が実況席に聞こえたり、相手チームに盗聴されたり、といった具合に、とにかくアホらしいの連続。

最初の頃は「野球をバカにしてるーっ!!むきーっ!!」と思いながらみていた(おとうちゃんがビデオに撮っていたのを一緒にみていた)んだけど、アホらしさがクセになるというかなんというか、ええ、まんまと乗せられてしまいました。

ひとことで言うと、プロ野球という舞台を使ってギャンブルをしている渡久地東亜の物語。そういう点でも渡久地役の萩原聖人ははまり役!?←ギャンブル好きらしい。といっても、おとうちゃんに教えてもらうまで、萩原聖人だとは気がつかなかったんだけど。

そういえば、わたしが珍しくハマったドラマ「LIARGAME」も、同じ原作者(甲斐谷忍)なんだった。どちらも原作は読んでないけれど、たしかに現実離れしたアホらしさとかけひき満載の心理戦、という共通点は、言われてみれば納得。
も、もしやこのアニメにはまるのは最初から仕組まれていたのか!?(←つまり、だまされやすい)
[PR]
by yukaripod | 2009-03-14 23:04 | 本・音楽・映画