むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

4月のまむが

よっしぃ家では、アニメのことを「まむが」と言います(笑)。

さて。
リストランテ・パラディーゾ
のアニメが始まりました。公式サイトを見る限りでは期待大、だったんだけど、まあ、こんなもんかという感じでしょうか。

原作は独特なおしゃれ感みたいなものが漂っているんだけど、どうしても動きが入ると安っぽく見えてしまうんだなー。だから、なんとなく恋愛メインの甘ったるい感じになっちゃって。
おとうちゃんも一緒にみていて、表紙(内容は読んでいない)の雰囲気からなんとなくなにかを想像していたと思われるんだけれど、「これってこんな話なの?」と言っていたしね。んー、まあ仕方ないよね。




逆に、これは続けて見たいと思ったのが、東のエデン(画像をクリックすると公式サイトに飛びます)。

東のエデン公式サイト


こちらは完全オリジナルストーリーアニメだそうで、キャラクラーデザインは「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ。
ホワイトハウスにお金を投げ込む日本人の女の子。そこに全裸で現れる、(おそらく)日本人の男の子。彼は自分の記憶がないけれど、携帯電話の指示に従って行動してみたら、もしかしたらテロリストかも・・・!?
まったく先の読めない展開に目が離せません。





もう少し続けて見ないとなんとも評価の下しようがないのが、花咲ける青少年。思ったよりも絵のレベルは高いし、いちばん心配だった主人公「花鹿」の声もキャピキャピしてなくてよかった。立人(リーレン)もかっこよかったし、完成度は高いです。
でもまだ始まったばかり。これからたくさんのイケメン(笑)が出てくるんだけど、軽~い恋愛話にならないでいてくれれば・・・と願うばかり。原作でのどの場面までアニメ化するのかわからないけれど、終盤のワールドワイドな政治がらみの話のところがいちばん面白いからなあ。

ひとつだけ、予想していた恐ろしいことが(笑)。これは「たぶんこうなるだろうな」とは思っていたんだけれど、主人公「花鹿(かじか)」の発音。
わたしは最初から、「パンダ」という音と同じ「か↑じ↓か↑」だと思って読んでいたんだけど、アニメでは「か↓じ↑か↑」、つまり若い子が発音する「カレシ」と同じだった(涙)

自分がこうだと思い込んでいただけに、なんとも言えない違和感があるんだけど、まあそれは自分のせいだし仕方がないんだけどね・・・。ぐすん。



西原理恵子の「毎日かあさん」は、どう考えてもアニメになったら毒が抜かれそうなので、たぶん見ません。ただの子育てホームドラマアニメになるんなら、毎日かあさんでなくてもいいじゃない、と思うんだけど。
[PR]
by yukaripod | 2009-04-12 18:45 | 本・音楽・映画