むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

個人レベルの話ですが

55年続いた道路特定財源廃止へ、一般財源化法が成立
姉さん、事件です!!
わたしのお給料がピンチです!!



民主党も、今回は反対する元気がなかったってことでしょうか。

ガゾリン税を道路に使うのはやめますよ、と。でも、「地域活力基盤創造交付金」と名を変えて道路整備に使われるお金はあるようですから、なんだか結局、黒い大岡裁きって感じもしなくもないけれど。
要は、年度末に多く見られる、予算取りのための駆け込み道路整備をやめて、必要な道路を整備してくれればいいだけの話なんですけどねえ。各地方自治体のヒマそうなお役人様が、何日かかけて車で管轄内を走り回ってみればわかりそうなもんだけど、なんせ相手はお役人様。データがないと動いちゃくれません。
そのデータだって、補正と言う名の捏造をされている可能性もあるかもしれないのに。ぷっ。

・・・っと、これ以上書いたら給料どころかクビが危うくなるのでこの辺でドロン!!


道路特定財源を2009年度から一般財源化するための改正道路整備事業財政特別措置法が、22日午前の参院本会議で自民、民主、公明、共産、社民各党の賛成で可決、成立した。
 1954年から続いていた道路特定財源制度の廃止が法的にも確定したことになる。
 改正法は、ガソリン税などの税収を、使途を限定しない一般財源として使うため、17年度まで道路整備に充てるよう義務づける規定を削除する内容だ。政府はすでに09年度予算で道路関係税収を社会保障費に充てる措置を講じているが、地方自治体が道路を中心とした公共事業に使える「地域活力基盤創造交付金」を同時に新設したため、道路以外に使われる予算は実質的には限られている。
 新交付金は、一般財源化に反発する自民党の道路関係議員に配慮して設けられた。しかし、中堅・若手議員らから「一般財源化の趣旨に反する」と改正案への明記に反対する声が上がり、一時は造反の可能性も取りざたされた。政府は改正案には明記せず、毎年度の予算編成のたびに継続の是非を検討することとし、党内の反対論は沈静化した。
 民主、共産、社民3党は、国会審議を通じて一般財源化の中身が不十分だと批判したが、最終的には道路特定財源制度の廃止を求める立場から賛成した。道路特定財源の堅持を主張する国民新党は反対した。

[PR]
by yukaripod | 2009-04-22 19:50 | ケ セラ セラ