むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

「音楽」のはじまり

わたしの音楽遍歴ってすごく雑食で、もちろんごひいきのアーティストもいたんだけど、ラジオとかで聞きかじった曲だったりが多くて、「アルバムを聞きまくった」とか、「この人にはこういうエピソードが」という確たるものがないんです。ただ好きで聞いてたっていうほうが強いので、あれこれ語れるようなものもないんですけれど、なんせ影響を受けやすいわたし(笑)。
Johnさんに記憶を刺激され、YouTubeでいろいろ見つけては喜んでいたのですが、まさかのPVを見つけてしまいました。

わたしにとっての「音楽のはじまり」。
両親が音楽好きだというのもあって、かなり古い歌も遡って聞いたりもしているのですが、自分で好きになって初めてレコードを買った日本人アーティスト(本当の意味で初めて買ったレコードはカルチャー・クラブなのでした)は、こちら。

「シャイニン・オン 君が哀しい」 LOOK


これ、「夜のヒットスタジオ」に出演した時の映像なんだけど、リアルタイムで見たのを覚えてますよ。当時はこういう音楽番組もたくさんありましたよね。深夜には「夜のヒットスタジオR&N」って、ちょっとロック色の強い番組も生まれたり。古舘さんが司会やってたんですよねー。あの頃はよかった、いろんな意味で(笑)。古舘さんと一緒に司会やってたGWINKOもよく聞いてた。

山伏ちゃんの記事にも出てたけど、戸川純が司会していた時期もあったなあ。バブルガム・ブラザーズと組んでた。あれはドロドロの司会だったなー(笑)。ああ、懐かしい。

さて、LOOK。
当時わたしは中学生。トオルくんのこの高音ハスキーヴォイスに一発でメロメロ。3年生の冬には、私立高校(デザイン科)受験の前日だというのにコンサートに行きました。おほほ。
あ、ちゃんと合格しましたよ(汗)。結局進学したのは公立高校だったけど。

昔のコンサートのチケットって、今みたいにコンビニで発行する味も素っ気もない印刷物じゃなくて、しっかりした紙に、凝ったデザインの施してあるものでしたよね。たぶん実家に帰ったらまだとってあると思うんだけどなー。今度帰ったら探してみよう。プレイガイドに並んで、座席表を見ながら自分の欲しいところを指定して。いい時代だったなー。

キーボードの山本はるきちさんのHPのTOPに「飲み友達募集」って書いてあったので応募しようかと思ったのはわたしです(笑)。HPリニューアルしてその文言はなくなったみたいだけど、現在もご活躍のようでなによりです。

これから音楽関係の記事が増えそうです。というか増えます、確実に(笑)
[PR]
by yukaripod | 2009-04-24 15:52 | 本・音楽・映画