むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

まだまだこれから。

 やりました、オーランド・マジック。

 敵地で2連敗してどうなることかと思ったけれど、本拠地でファイナル初勝利を決めてくれました。まだまだ本領発揮にはほど遠い内容ではありますが、1勝2敗。次も本拠地でのゲームなので、ぜひタイに持ち込んでもらいたいところです。

 昨日は、午前中の生中継を録画し忘れてしまったため、夜中の2時からの再放送を見てしまうぐらい、今年のファイナルは我が家ではアツイです。サッカーのW杯予選より(笑)。


 さて、わたしの注目選手、波田陽区似(笑)のヒド・ターコルー。
f0194020_18463776.gif

 トルコ出身のターコルー。解説の北原さんによると、レイカーズのポー・ガソール(スペイン出身)もそうなんだけど、ヨーロッパのバスケット選手というのは、クラブチームを転々としている人が多いため、柔軟にチームに溶け込む術を持っているプレイヤが多いのだそうです。

 ターコルーはプレイスタイルも柔軟。大きな体(208cm!!)が、やわらかく切り込んでいったり、3Pを決めたり、時にはポイントガードの役割をしたり。器用な選手です。波田陽区だけど(笑)


 敵地での3P成功率が異様に低い(笑)、ラファー・オルストン。
f0194020_1854273.gif

 ファイナル初戦、ネルソンとのPGの起用法に文句を言っていたオルストン。ヴァン・ガンディHCが聞き入れたのかどうなのかわからないけれど、本拠地でのプレイタイムが増えたことによってリズムがつかめたのか、この日のオルストンは、ボール運びも自らのカットインもとてもよく動いていたと思います。
 間違いなく鍵のひとつはオルストンが握っていると思われます。


 そして、いちばん大きな鍵を握っているであろう、ラシャード・ルイス。
f0194020_1905343.gif

 今後、この人の活躍が勝敗を分けるでしょう、間違いなく。2戦目から徐々に当たりは出てきていたのですが、本拠地で爆発。前半のFG成功率、75%。打てば入る。外す気がしなかったでしょうねえ。


 豪快なダンクを決める、ドワイト・ハワード。と言ってもこれ、ファウルの後なので得点シーンではありません(笑)
f0194020_18595946.gif

 レイカーズの執拗なディフェンスに1戦目、2戦目は苦しめられました。3戦目も相変わらす厳しいディフェンスにあっていたのですが、フリースローがよく入りました(笑)。ハワードのフリースローの確率の悪さはよくシャックと比較されるぐらいですからね。ファウルをもらってもフリースローが入れば、レイカーズもおいそれとファウルができなくなるので面白いです。 中での攻めも、ハワードらしさがだんだん出てきたし、これもまた楽しみです。


 そして、ハワードのファン。この人形、欲しーい(笑)
f0194020_197727.gif





 4戦目は夜中に起きて見なくても良いように、すでに録画予約完了。
わたしが予約するのを忘れていたため、おとうちゃん、超寝不足。わたしは今日はお休みを取っていたので・・・えへへ。おとうちゃん、ごめーん(笑)
[PR]
by yukaripod | 2009-06-11 19:11 | スポーツ