むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

そもそも比べられないものを比べているのだから

18時すぎに仕事が終わり帰る準備をしていたら、
残業チームの男性社員たちから「メシ行きますか!」と誘われた。

「うーん、今日は帰ってフィギュアの録画見るから帰るー」とお断りしたら、

「あれ?もしかして結果知らないんですか?」と言う。

知らないよ!
今日はこの時間までニュース関係のHPを見ないようにがまんしてたんだから!

そしたら、その辺にいたヤツラが次々に、

「え?知らないの?教えようか?」とか、
「じゃあ今から結果をメールで送りますよ」とか、まあ、なんてご親切な方々(怒)


あああ、わたし愛されてるわー(笑)


さて。
今日のフィギュアスケート女子SPを見て、男子のときにモヤモヤしていたものが晴れました。
これは、モダンバレエとクラシックバレエに点数をつけているようなもんだと。

点数表をみてもさっぱりわからんけど。
そもそも、最初のコンビネーションジャンプの基礎点自体がすでにキム・ヨナのほうが高い。
こうなると男子の4回転論争ではないけれど、3回転半の努力点みたいなものは存在しないのか、と。

でも、浅田真央も、キム・ヨナも、とってもよかった。
ゲデバニシビリの演技、好きだなあ。
安藤美姫も鈴木明子も、あっという間に演技が終わったと感じるぐらい引き込んでくれたしね。
鈴木明子はあの滑走順でよくあそこまで滑りきったよー。すごい。
同じ生き物系(笑)として応援してます。

とにかくすべてはフリーで決まるのだ。
最後まで自分の滑りで滑りきって欲しい。
みんなね。


点数、こんな内訳だったようです。
Judges details sketer(※pdfファイルです)
[PR]
by yukaripod | 2010-02-25 01:00 | スポーツ