むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

ボールひとつでできる球技の強み

7人制ラグビーのイベント、Sevens Festival 2010 in TOKYOを観に、秩父宮ラグビー場へ行ってきました。
f0194020_15451326.jpg

f0194020_15455979.jpg

天気予報では「晴れるけど気温は上がらない」と言っていたので、ストールにひざかけ、ホッカイロと準備万端で臨んだところ、ひなたのスタンドに座っていたらじりじりと太陽に焼かれました(汗)
ストールをブルカのように頭に巻きつけて観戦。今この格好でフランスに行ったら逮捕されるかも。よりによって迷彩柄だし。

テレビでもあまり観たことがなかった7人制ラグビー。
これはきっぱりと、15人制とは違うスポーツだと割り切って観たほうが面白いかも。

半分の人数で15人制と同じ大きさのグラウンドを走り回るのはかなりきつそう。どちらかが敵陣に入ったら半分は空いてる感じ。まあ戻れないよね、あの距離は。
ラグビーの醍醐味はパス回しでもあるので、グラウンドを狭くするっていうのは駄目なのかなー。
プレーが切れるたびに給水部隊がグラウンドに突入してくるのも新鮮でした。やっぱり相当きついんだろうなー。

女子の試合もあったんだけど、男子とは迫力が違うとは言えやっぱり体と体がぶつかりあう競技なので、怪我しないかとどきどきしちゃう。

決勝トーナメントでお目当てのチームが敗退したところで、日が照っているとはいえ夕方、だんだん風冷たくなってきたので、試合はまだ続いていたけれど、途中で退散。
最初はやっぱりラグビーと比べてしまってちょっと物足りない気がしたんだけど、観ているあいだにだんだん面白さがわかってきました。
やっぱりなんでもナマで観てみないとね。

2016年リオデジャネイロ五輪から正式種目として採用される7人制ラグビー(Sevens)。
実は1883年からの歴史を持つ競技なのだそう。
細かいルールはここではちょっと置いといて、ボールひとつでできる球技というのは強いのかなあ、という印象。
途中で帰ったのでさっき知ったんだけど、日本代表Bチームが優勝したとのこと。
トップリーグのチーム相手に学生中心の代表チームが優勝したのは明るい材料。
オリンピックでもがんばってもらいたいものです。

でも、しつこいようだけど、世界でどのぐらいこの7人制ラグビーが普及しているのかわからないけれど、7人制ラグビーが正式競技になるのなら野球とかソフトボールだって・・・(涙)





今朝テレビの企画で、高橋Qちゃんがアメリカを走っていた。
「シューズひとつで始められるジョギング」という前フリで走り始めたQちゃん。
一緒に見ていたおとうちゃんと、
「ジャージもないと走れんよね・・・」と静かに突っ込んでいたんですが。

走り終わったあとにQちゃん、笑顔でひとこと。

「気温の差が激しいので、ジャンバーや帽子などの防寒着が必要です!」
って・・・。


「やっぱりシューズひとつじゃダメじゃないかー!」と、ふたりして大きくツッコミ。


いえね。
おとうちゃんのランニングシューズがボロボロになったので、昨日、ラグビーを観た帰りに新しいシューズを買ったんですけどね。
なにをするにもね、お金がかかるってことです。

それを言ったらわたしのフラメンコのほうがだいぶお金がかかってるんだけどね。
そのぶんがんばらないといけないわけで。
ある意味、それもモチベーション(笑)
[PR]
by yukaripod | 2010-04-26 16:20 | スポーツ