むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

舞台では 大きく見えた あひるちゃん

記憶が薄れる前に(笑)GWの回想など。

大型連休の初日、4月29日。

その前日、会社の歓迎会&送別会で例によって例のごとく記憶をなくすまで飲んだとは思えないぐらいさわやかに目覚め(声は酒でしゃがれてたけどさ(笑))、会社のお友達のふくちゃんと一緒に、あひるちゃんの舞台『誰』を観てきました。

よくよく考えたら、こうやって昼間に女の子の友達とふたりでおでかけ(お酒なしという意味で(笑))なんてとっても久しぶりのこと。
昨年秋に彼氏と同棲を始めたふくちゃんもそうだったみたいで、途中、乗り換えした川崎でランチしながら、「なんかこういうの新鮮~♪」とふたりでウキウキ。

さて、あひるちゃん。
セットも登場人物もとっても不思議なお芝居でした。
舞台の下(客席レベル)にも部屋っぽいセットがあって、人がいる。

誰?(笑)

と、最初は気になっていたその人物、実は途中から舞台の上の人たちに夢中になっちゃって、その存在を忘れてしまっていました(汗)
終わってからのポスト・ショウ・トークで演出家の方のお話を聞いて、「あー、なるほどー」と。演出の意図が理解できていませんでした。ごめんなさい。
いやー、なんせ舞台上の人たちのやりとりが面白くて。

こうしてPCに向かってわたし自身を含めて、PCの画面やメールといった文字、どこにいても誰といてもつながってしまう携帯電話など、「自分」と「他人」の存在意義が明らかに変化している昨今。
目の前にいる人を信用できなくなっても不思議じゃない。
そんな薄ら寒い人間関係を、笑わされながらも考えさせられるお芝居でした。

ポスト・ショウ・トークでわかったこともたくさんあって、時間があればもう1回観たかったな。

変な人たち(失礼!)がたくさん出てきて、いわゆるオタクっぽい人たちが集まった「会」という設定だったけれど、会社とか学校という「日常」のシチュエーションでも面白いかも、と思いました。
そうなると、コミカルというよりはサイコミステリっぽくなっちゃうけど。

すでに今現在、誰かにこっそり見られているかもしれないしね・・・きゃーっ!!

f0194020_10324028.gif


「あひるちゃん、手のひらサイズだから」と、前もってふくちゃんに吹き込んでいたんだけど、舞台を観たふくちゃんは「そんなにちっちゃく見えなかったよ?」と言っていた。
外に出て実物のあひるちゃんを見て、「え?本当にこんなにちっちゃかったの!?」と驚いていた。

かなりの存在感だったよ、あひるちゃん。
[PR]
by yukaripod | 2010-05-12 10:33 | 舞台