むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

QED 出雲神伝説

f0194020_1205819.jpgQED 出雲神伝説
高田崇史
講談社ノベルス



シリーズも16作目ともなると、前に読んだものの内容も
ほとんど覚えていなかったりして・・・(汗)


そもそも歴史書みたいなシリーズなので、全部覚えたら日本史の先生になれちゃうんじゃないか、ぐらいの内容なので、そこはまあいいとしても。

「○○の話に出てきた××さん」って、誰!?
登場人物まで忘れちゃってるよ(汗)

マンガ「MONSTER」を読んでいた頃、新刊が出るたびに最初から読み直さないとわけわかんない!というのともちょっと違うような気もするし。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

日本最古のこの歌も、詠み人は実は素戔嗚尊ではない、とか。
しかも、幸せを詠んだ歌じゃない、とか。
出雲大社の大国主命は何故西を向いているのか、とか。
そもそも、出雲ってどこ!?、とか。
奈良から出雲まで、歴史謎解きの旅は続きます。

相変わらず現代に起こる事件の部分は推理小説として微妙だし、登場人物たちの人間模様も進展がないというかなんというか、毎回のテーマがなければたぶん途中で飽きちゃっただろうな、と思うような展開なんだけど。
こうなったらもう、惰性?(←いいのか?(笑))
[PR]
by yukaripod | 2010-08-31 12:01 | 本・音楽・映画