むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

年の瀬に第九

お友達のにゃぴさんが「多摩市民『第九』をうたう会」に出演されると聞き、それはぜひとも聴きに行かなくては!・・・と、ところが。
にゃぴさんは体調不良で舞台に立てず。
とっても残念だったけれど、せっかくの機会やし、聴きに行ってきました。

中央大学の学生オケと、多摩市民の合唱。
それはそれは素晴らしい演奏で、とても素人さんとは思えないレベルの合唱に震えました。

実は第九をちゃんと聴いたのははじめて。
第2、第3楽章はちょっと気持ちよくてうとうとしちゃったんだけど、合唱の入る有名な第4楽章の迫力はかなりすごかったです。

市民の力ってすごいです。
ギャレス・マローン先生を思い出しました。
こうやって地域の人たちで、なにかひとつのことをやり遂げるって最高ですね。
すてきな時間をくださったにゃぴさんに感謝です。
ありがとうございました!!

ジュニアも喜んで動き回っていました。
わかるのかなー。

まったくの余談ですが。
第九がはじまってずーっと気になっていたことが。
トロンボーンの出番、あるのか!?・・・と。
クライマックスになってやっと登場したんだけど、それまでずーっとひたすら待機。
なくてはならないパートではあるけれど、待ってるのもきついだろうなあ・・・と、ちょっといらんこと考えていました(笑)
[PR]
by yukaripod | 2010-12-26 23:56 | 本・音楽・映画