むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

そして秋田。

続いては、10月28日~29日の秋田編。

元気な野菜屋さんからコメントをいただいて、プライベートの旅なら
どれだけよかったかと思える秋田でした。
次に秋田を訪れるときは、ぜひぜひオススメを教えてください!!

食べ物とは関係ないけど。
本屋さんを3軒ほどまわったんだけど、マンガにビニールがかけられて
いないことにビックリ。
そう、立ち読みし放題。
「昔はそうだったよねー」と、帰ってからおとうちゃんに話したら、
「おいらのはカバーなしで売られているマンガを知らない」と言われました。
ダブルでカルチャーショック。

閑話休題。

今回は上司チョイス(ここ、強調(笑))のお店で、
前泊の夜を楽しみました。
場所は秋田の繁華街、川反にあるはたはた家


f0194020_19381634.jpgf0194020_1939892.gifハタハタ昆布〆

これを食べに来た、と言っても過言ではない、ハタハタ。(←だから仕事だってば)。
上司の好みによって却下された、おすしも食べたかったなー(涙)

f0194020_1948149.jpgf0194020_19481514.gifハタハタ一夜干し

ナマとはまったく違う口当たりにびっくり。
もっちりもちもちで、甘~い。
日本酒がすすんで仕方ない。


f0194020_1944362.jpgf0194020_19483658.gifお刺身

北の魚と南の魚。
何が違うって言われてもうまく言葉にできないけれど、なんか違う気がする。やっぱり身の締まり具合かなあ。
まちがいなく言えることは、お刺身はおいしいってこと(笑)


f0194020_19533265.jpgf0194020_19534463.gif比内地鶏のつくね

これがめちゃくちゃおいしかった!!
ひらべったい串に、ひらべったく仕上げられたつくね。これに、おだしのかかった比内地鶏の卵の黄身をとろりとかけていただく。
食べ終わったお皿、なめたかった・・・(こら)。
この卵で、卵ごはんが食べたい。


f0194020_19561987.jpgf0194020_1956466.gifきりたんぽ鍋

お鍋の段階でこらえきれず、つぎ分けてしまったあとです。ごめんなさい(汗)

すんごい鶏のおだし。
せりがちょっと少なかったのが残念だったけど、寒い地域のお鍋だなあ。
おなじ鶏だしでも、博多の水炊きとはまったく違う趣があります。

でも、地元の人はきりたんぽより「だまこ」のほうをよく召し上がるっていうのは本当ですか?


お米のおいしいところはお酒がおいしい。
そして、お酒がおいしいところは食べ物がおいしい。
日本って、すばらしい。



わたしたちが行動した時間が時間だったからかもしれないけれど、
秋田駅周辺にあまり人の姿がなかった。
駅前の百貨店の中を除いてみても、お年寄りがベンチで休んでいる。
仕事でお会いした地元の人も、秋田市は人口減少がものすごい速度で
進んでいるところだとおっしゃっていた。

実際住んでみないことにはわからない、いろんなことがあるんだと思う。
徳島だってそうだしね。

ただ、こんな素晴らしい場所が、県にお金がないからという理由で
なにも対策が打てないなんて、おかしいと思う。

先日、家に遊びにきたおとうちゃんの徳島の同級生たち。
みんな仕事を求めて東京に出てきた子たちばかりなんだけど、本音は
徳島に帰りたいと、みんな思っている。だけどそこにはやりたい仕事がない。
生活ができないのだ。

国を動かす偉い人に言いたい。
いまだからこそ、誰がなにを必要としているのか、しっかり考えてほしい。
お金をもらうだけで子供が産めるんなら世話ないって。
仮にその子供が大きくなったとして、「ここにいたい」と思わなきゃ意味がない。
「ここにいたい」と思う人が、そこで生活できなければ意味がない。

それこそが、日本の未来そのものなのだから。
[PR]
by yukaripod | 2008-11-04 19:39 | そとでごはん