むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

カテゴリ:そとでごはん( 33 )

六本木珍獣会

ある日、とこたんからすてきなお誘い。

「モツ鍋無料モニターみたいなの見つけたのですが…」

なに?なに?なにそれ?
で、教えてもらったURLに直行したら、

「オープン記念 2名様~ご予約でもつ鍋一台(3000円相当)プレゼント」

ほ、ほんなごて!?(本当に!?)

というわけで、やってきました六本木。六本木なんてどのくらいぶりかしら。前に誰かを六本木ヒルズに連れて行って以来じゃないか?というか、六本木ヒルズに行く以外に六本木に来たことなんてないかも(笑)

と、おのぼりさん全開で、六本木駅から徒歩一分の九州九州(くすくす)へ。

これ、お通しなんですけど(笑)、我が家にもないぐらいの大鉢で、がめ煮。
f0194020_14572087.jpg

お店の名前が「九州九州」ってだけあって、さすがに九州の県ごとに分けられたうまいものメニュはかなりの充実っぷり。なかなかいいところを押さえている。

たとえば、こちらのとり天(大分名物)とか。
f0194020_14595828.jpg

とこたんとは基本的に食の好みが合う(わりとふたりともなんでも食べるし、好きなものも似ている)ので、こういうときのメニュ決めにも気を遣わないのはとても楽。

メイン(無料(笑))が肉なので、お魚も。かんぱち盛り。
f0194020_1515763.jpg



そしてメインのもつ鍋。
f0194020_1541366.jpg

ポン酢・醤油・味噌の3種類から醤油をチョイス。わたしの中では、もつ鍋=醤油で、なかなか冒険ができないのだが、とこたんの心の中チョイスも醤油だったので、いさかいもなく(笑)

もつ鍋って、福岡にいるときは「お店に食べに行く」ことはほとんどなくて、市販のスープでふつうにおうちごはんとして食べていたんですよね。お肉やさんにおいしくて安いもつ鍋用のもつが売ってたし。
幸い、今の会社の近くにおいしいもつ鍋用のもつを売っているお肉やさんがあるので、こちらでも家で食べることが多いので、お店で食べるもつ鍋は毎回新鮮。
今回のお店は、九州の味を平均的にきっちり再現していておいしかったです。

でも、とこたんとも話していたんだけど、金曜日の六本木で、あのお客さんの数(少ない)は微妙。鳥良のチェーン店なんだけど、もう少し宣伝してもいいんじゃないかなあ?

というわけで、
オープン記念 2名様~ご予約でもつ鍋一台(3000円相当)プレゼント
6/17までやってます。お近くの方、興味のある方はぜひ!



さて、とこたんとわたし。悪妻ふたりが揃えばこれで終わるわけがない(笑)

当初は新宿に戻って、スペインバルなど・・・という計画があったのだが、とこたんがよいワインバーがあるという情報を直前に入手してくれていたので、ワインを楽しむことにしましょう。

実はここにもお目当てがありました。

じゃーん。フォアグラ餃子。
f0194020_15211925.jpg

ピンボケでごめんなさい。もう、酔っ払いですから(笑)
フォアグラの餃子。とっても異色な組み合わせですが、見た目がこれなのに洋食の味っていうのがなんとなくだまし絵みたいで、面白い感覚でした。もちろんお味は最上級。

金曜日の夜、バーのカウンタでおそろしくマニアックな野球談義に花を咲かせる主婦ふたり(笑)。結局ここで、ワインを2本空けたよね・・・。
いやー、今日もよく食べよく飲みよくしゃべりました。
楽しい週末をありがとう、とこたん。らぶ。

こちらのバーで帰りにお土産、といってプリンをいただいたのですが、なんせ帰りは満員の中央線(KO線は終わってました(笑))、もみくちゃになりまして。帰り着いた頃にはとろとろプリンが紙袋にあふれてしまい、食べることができませんでした・・・(涙)。
ラファエル(バーのお兄さん)、ごめん。
[PR]
by yukaripod | 2009-05-30 20:34 | そとでごはん
めずらしくおとうちゃんが「つけ麺が食べたい」と言い出したので(わたしは、つけ麺にはあまり良い印象がないのだが・・・)、中河原駅のラーメン屋さんに行ってみた。

節とい軒。
「ぶっといけん」と読むらしい。

だよね。つけ麺と言ったら太麺だよね。
この時点で(細麺育ちのわたしは)テンション下がる(笑)

メニュは、
●節とい あつつけ麺
●節とい つけ麺
●節とい 中華そば

すべて、<海老>か<合わせ節>が選べるようになっている。

「節とい あつつけ麺」の海老と合わせ節をひとつずつ頼んでみよう、ということで食券を購入して、店員さんに渡すと、

「麺の量が、200g、300g、400gから選べますが」と言われる。
どうやら料金は同じらしい。少なくていいから安くしてもらった方が・・・
わたしは200g、おとうちゃんは300gをチョイス。
べ、べつに少食ぶってるわけじゃないよ!?



「節とい あつつけ麺 <合わせ節> 麺の量200g」
f0194020_14301682.jpg

見ただけでおなかいっぱいになるでよ。

やっぱりわたし、つけ麺ダメみたい・・・(_ _;)
というか、魚粉がダメなんだな。

こってりしているわりにはダシの味がしないスープ。魚粉に負けちゃうんだよなあ。
太麺も、最後の方には粉を食べてるみたいになって、それにプラス魚粉だからますます粉粉しちゃうのよね(汗)

チャーシューは、出す前にガスバーナであぶっていたけれど焦げ目がついているわけでもなし、そのひと手間が必要なのかどうか、よくわかりませんでした。

これはもう、文化の違いとしか言いようがありません。
ごめんなさい。

おとうちゃんいわく、ここはおとうちゃんが知っているだけでも5軒ぐらいお店が変わっているらしいんだけど、このお店になってからお客さんの入りはいいみたい。わたしたちが行ったときも満席だったし、わたしたちの後は並んで待ってました。
ここはつけ麺好きの人に食べてもらって、感想を聞きたいところです。



300gを注文したおとうちゃん、かなり苦しそうでした。
でも、わたしたちのあとに来たあるお客さんは、特盛り(600g!!)を注文していました。こうなると、味とかどうでもいいんじゃないかって思っちゃう。


---------------------------------------
節とい軒
府中市住吉町2-26-14
11:30~15:00
18:00~22:00
水曜日定休
駐車場なし(近くにコインパーキングあり)
[PR]
by yukaripod | 2009-05-24 14:56 | そとでごはん

檸檬が入った塩ラーメン

どうしても塩ラーメンが食べたくて、市内のラーメン屋を検索して見つけたお店。
「らーめん ぼんくら」。
f0194020_17574420.jpg

後から調べたら駐車場(1台)あったらしいんだけど、行ったときは見つけられなかったので、5分ほど歩いたコインパーキングに駐車。

とにかくお目当ては、「ジョン檸檬」なる塩ラーメン。
火・木・土の限定メニュ。食券を買おうとしたら「うりきれ」の札がかかっていて、思わず「あら、うりきれ!?」と声に出したら、店長から「1食分ならできますよ」と声をかけてもらったので、もちろん迷わず注文。
f0194020_1811112.jpg

この大きさの檸檬が2個入ってました。シャキシャキのネギと、春仕様なのか菜の花のトッピングがうれしい。最初は「どうなの!?」と思った檸檬も塩にとっても合っていて、すぐにたっぷり絞っていただきました。さっぱりしておいしかったです。
残念だったのは、器が欠けていたところ。こだわって選んでいると思われる器なだけにね。

おとうちゃんが頼んだのは「ぼんくら」。
f0194020_1852814.jpg

とにかくシンプルな豚骨。あっさり豚骨が好みの方にはおすすめだけど、こってりが好きな人には物足りないだろうな。おとうちゃんは好みだったみたい。わたしはもうすこし獣くさくてもいいけど。

つけ麺や醤油豚骨も食べてみたいので、また行こう。
ちなみに、学生さんは替玉無料だそうです。


---------------------
らーめん ぼんくら

日野市旭が丘3-6-11
042-583-9429
水曜日定休
[PR]
by yukaripod | 2009-04-11 20:54 | そとでごはん

笑ってきました

f0194020_11532184.jpg

みなさまありがとうございました。
とってもたのしかったです(^∀^)ノ
また笑いましょう。

飲んだくれてなにもしていないエセ幹事より。
[PR]
by yukaripod | 2009-03-23 11:47 | そとでごはん

いざ、花金。

本日、飲み放題つき2,980円のコースに挑んできます。ひゃっほう。
おとうちゃんは夜勤だし。うひひ。

コメントのお返事遅れてごめんなさい。
明日にでもゆっくり!
[PR]
by yukaripod | 2009-02-06 17:10 | そとでごはん
続き。

カフェでアルコールを摂取した場合、一次会と数えるのが正しいのか?
というわけで、二次会でも三次会でもいいんだけど、とりあえず二次会?編。

とこたんがずいぶん前からブログで紹介してくれていて、ずっと行ってみたかった
鳥良をチョイス。
お上品な和風のあとには、体が油を欲するのであります(笑)

●つきだし(茄子とブロッコリとカリフラワ)
f0194020_16275935.jpg




●軟骨のからあげ
この油を待っていたのよ。おほほ。
f0194020_16322166.jpg



●鶏皮串
軟骨&鶏皮で、コラーゲンもばっちり。
f0194020_1637970.jpg



●わんたん&サラダ的なもの
このわんたん、ぷるぷるでおいしかったー。つるんと食べちゃいます。
f0194020_16381883.jpg



●チャーハン
〆は炭水化物に限りますな。
f0194020_1641076.jpg




カフェもおめでたかったんだけど、ここでもおめでたい出来事が。
隣のテーブルのしょうちゃん(26歳)、ハッピーバースデー。
若いっていいわねえ。
f0194020_16431427.jpg




夢のような時間は、いつもあっという間に過ぎてしまう。
お別れの時間がやってきました。
もっともっとお話したいよー。
(でも、最後の方はけっこう同じこと何回もしゃべってたかも・・・わたし(汗))

JR原宿駅で、はるこさんと涙をこらえてさようなら。
そして、新宿駅でとこたんともさようなら。

あああ、寂しい。

で、次いつ飲む?(笑)




はるこさん、とこたん、本当にありがとうございました。また会おうね。らぶ。

More(おまけ)
[PR]
by yukaripod | 2009-01-21 11:21 | そとでごはん
で、なぜ「田園シスターズ」かというと、3人とも苗字に「田」が入っているから。
ということに、この日、いまさらながら気がついて。
2人には黙って今、わたしが勝手に名付けました。ごめんなさい。

さて。
はるこさんがいらっしゃるということで、東京煩悩女王とこたんが、
事前にいろんな行動パターンを、5通りもチョイスしてくれていました。
どれもこれも捨てがたいコースどり。
その中で惹かれたのが「くずし割烹」という言葉。

はるこさんもわたしも、迷って迷って迷いつくして決めました。

というわけで、本日のメインのお食事処は上下西東
f0194020_1442343.jpg

「アガルサガルニシイルヒガシイル」と読みます。
いかにも京都っぽい。

理屈抜きでおいしかったので、一気にご紹介します。
持ってきてくれるたびに説明してくれて、何かがなくて別のものになった、
というのもあったような気がするんだけど、忘れたのでおしながきどおりに(笑)

●先附
赤蕪なます
唐墨 鯛柚子焼き 焼き茄子
林檎の淡雪
f0194020_147366.jpg


●前菜
スルメイカ 九条ネギと肝味噌
海老 黒豆のソース
鮟肝と春菊 レタス巻き
牡蠣フライ 漬山葵と白菜のタルタル
f0194020_14143329.jpg


●椀物
ズワイガニと海老芋の焼餅
白味噌仕立て
勢子蟹親子醤油
f0194020_14162361.jpg


●向附
酢〆鰤とろ
大根鬼おろし 煎りじゃこ粉
ポン酢ジュレ
f0194020_1417414.jpg


●蒸し物
雲子幽庵焼き 蕪蒸し
百合根 数の子
f0194020_14205585.jpg


●くずし
和牛タタキ 蓮根天麩羅
カリフラワーと豆乳のソース
スモークした公魚の南蛮ソース
漬茗荷 貝割れ 南京チップ
f0194020_14224669.jpg


●食事
鰤南京焼きの炊き込み飯
切り干し大根
●香物
菊蕪土佐酢漬け
大根糠漬け梅肉和え
蕪葉ナムル
f0194020_14241535.jpg


●甘味
梅酒と干し柿の葛餅
紅茶のムース オレンジソース
コーン茶のプリン
慈姑オランダ
f0194020_14262319.jpg



いま見てもうっとり。
少しずついろんな種類のお料理がいただける贅沢。
おとうちゃんに写真をみせたら、めちゃくちゃ羨ましがってました。
「割烹」という言葉にも、異常なぐらいに反応してました。
へへーん。

和風、京都、といえば日本酒。
これまた贅沢に、一合ずついろんな種類のお酒を楽しみました。
お酒の銘柄を変えるたびに、このようにおちょこを選ばせてくれます。
毎回載っているおちょこも変わります。
f0194020_14331082.jpg

おちゃめな指は、はるこさんです。

開店と同時に入ったわたしたち。
気がついたらいつのまにか満席に。人気のあるお店なんですねー。

とこたんいわく、
「料理の品数が多いから、ゆっくり時間がとれるときに来たかったお店」。
この日は土曜日。しかも、開店時間に予約。最高のシチュエーション。

お酒とお料理を満喫したわたしたちですが、ここで帰れるわけもなく。
次の店へと足を運ぶのであります。

二次会?編へと続く。
[PR]
by yukaripod | 2009-01-19 14:04 | そとでごはん
1月17日。
待ちに待ったこの日がやってきた。
長かったよ。だって、昨年からの計画だったんだもん。

まずはベタに渋谷ハチ公前(渋谷で迷わずたどり着けるのはここしかない(笑))で、
田園シスターズ(←由来はのちほど・・・)三女とこたんと合流。
かなりお久しぶりだよね、なんて話しながらいきなりテンション高めのふたりは、
この方にお会いするために青山方面へ。
f0194020_9571621.jpg

岡本太郎・・・じゃなくて、これは待ち合わせの目印ね。

ここは青山劇場。
本日は、観劇を終えたはるこさんとの感激の再開なのでした。

とこたんとはるこさんは初対面。
とこたんとのおしゃべりに夢中になっていたわたしに、
「あなたが気づいてくれないとっ!!」と、ごもっともなツッコミ。失礼しました。

予定どおり、まずは表参道までお散歩がてら歩いて、アニヴェルセルカフェへ。
f0194020_11462783.jpg

おとうちゃんとこのあたりに遊びに来ても、絶対にない店チョイス。おされー。

テラス席に落ち着きケーキセットを頼んだら、平日のみだと言われる。
むむむ・・・。再度メニュを確認。

  コーヒー 1,000円
  ワイン   1,100円

この3人です。ワイン以外にありえないわけで。
f0194020_11565270.jpg

写真左奥が、とこたんご注文のショートケーキ。
写真左手前が、わたしの注文したロールケーキ。
写真右が、はるこさんご注文のチーズケーキ。

どれもこれもハイソなお味。そしてワインもおいしい!!
さすがOMOTESANDO。

このアニヴェルセルというお店、メインは結婚式場。
カフェの奥にチャペルがあって、2組の結婚式を見ることができました。
どんだけの時間ここにいたかがバレますねー。
f0194020_13105882.jpg

1組目は・・・ノーコメント(笑)
2組目のカップルがでてきたときに、式場の係らしき女性から、いちばん奥の
テラス席に陣取っていたわたしたち3人だけに、このようなものが。
f0194020_13103315.jpg

メインストリートからチャペルまでの細い通路の両側にテラス席があって、
その間を式を挙げたカップルが通って、表参道のメインストリートを通って、
建物の中に入っていく仕組み。目立ちたがり屋じゃないとできませんね(笑)

2組目のカップルが通る時に、このベルを鳴らしてあげた、というわけです。
こちらを向いて、「ありがとうございます」とにっこり。
とても感じのいいカップルでした。美男美女だったし。

2組目のカップルの新郎を、勝手に「ケンちゃん」と命名。
わたしたち田園シスターズは、
「ケンちゃん、いいお嫁さんもらったね」とか、「ケンちゃん、鼻水たらしてたのに」とか、
近所のオバサン状態になって、お祝いのベルを鳴らしたのでした。

思わぬ感動のおすそわけをいただいたあたりで、本日のメインの
お食事の時間が近づいてきたので、カフェを出て原宿を目指す。

食事編に続く。
[PR]
by yukaripod | 2009-01-19 11:33 | そとでごはん

忘年会第1弾

気がつけば写真の腕前をめきめきとあげているツナちゃんと、
今年第1回目の忘年会でした。←何回やるつもり?

ツナ粉プロデュースで、イベリコ豚のモツ鍋が食べられるお店に
19時に行ったのに、
「イベリコ豚、終わりました」と、カタコトのお姉さんに宣告される。
何時に行けば食べられるんだい?

というわけで、味噌味のモツ鍋。
f0194020_9364553.jpg

最初はかわいく2人前注文したんだけど。
ほぼ1人前、追加。辛味噌とガーリックオイルがおいしいっ!!
でも、追加オーダーのシステムは、ちょっとご不満。

1人前を追加で、1,280円。ただし、鍋が新しくなる。
せっかく煮詰まってきたおだしがもったいない。

じゃあ、モツとキャベツともやしを追加・・・したら、合計1,280円。
1人前頼むのと一緒やん。
でも、今の鍋をそのままにしてくれる。

1人前を今のお鍋に入れてくれたらベストなのに。
結局濃厚なおだしに負けて、モツとキャベツともやしを追加したんだけど、
なんかちょっと納得いかない(笑)

と、文句を言いつつもぺろりと平らげて、〆の雑炊セット。
ぐふう・・・満足。

そしてツナちゃんも書いているとおり・・・

2軒行って、2軒とも「時間です」と追い出され(笑)
仕方ない。古今東西、女2人揃えば話は尽きないのだ。

ツナちゃんはおうちのお引っ越し。
そしてわたしは、今度こそ会社のお引っ越し(←何度目の正直!?)。

そう。毎日通った新宿とももうすぐお別れ。
と言っても、たぶんわたしはツナちゃんほど誘惑されず(笑)
飲み会以外はほぼ、会社と家の往復だった。

通勤は大変だったけど、いざ離れるとなると寂しい気もするね。

あ、でも、飲みのお誘いならどこからでも駆けつけますからね。
新宿と言わず、どこへでも(笑)

ツナちゃん、年末の引っ越しは大変だろうけどがんばってねー!!


------------------------------
もつ鍋 クロキ
新宿区西新宿1-16-4
富士ビルB2
03-5339-7203
[PR]
by yukaripod | 2008-11-28 23:30 | そとでごはん
f0194020_1503022.jpgそして、人生初のつけ麺を食してみた。

東京のラーメンが好きな人には、
おいしいラーメンなんだろうと思う。
いまだに「豚骨=細麺、白いスープ」の固定概念から抜けられない
わたしにとっては鬼門の「豚骨魚介スープ」。そして太麺。
スープにつけて口に入れたときはいいけれど、だんだん麺の味しか
しなくなってくるんだよね。
スープに浮かぶ魚粉も、かなり気になるところ。

「座ったらすぐに出てくる」正統派豚骨ラーメンに慣れてしまっている
わたしには、ランチタイムでこれだけ待たされるラーメンで
よくやっていけるなあ、という印象。
並んでいるように見えて実は店舗が狭いだけだし、3人も店員がいる
わりには手際が悪い気がします。

つまり、わたしにはどうやらつけ麺を食べる資格はないみたい(笑)
こればっかりはねー。好みの問題だよねー。
クチコミをみたら、評判は悪くないみたいだしね。

メニュは3種類のみ。
つけ麺2種(俺らはつけ麺、イカしたつけ麺)と、ラーメン(嵐のラーメン)。
ランチタイムは、チャーシュー、ネギ、味玉、メンマ、のり、のうち一品を
無料でトッピング。

わたしが食べたのは、イカしたつけ麺+味玉。
魚介系豚骨スープが好きな人にはおすすめ。

並・中・大とあって、どれもお値段は一緒なんだけど、並でおなかがはちきれそう。
スカートのホック、外してまーす(笑)



----------------------
麺食い 慎太郎
東京都新宿区西新宿6-2-3
新宿アイランドアネックス1F
03-5321-9400
11:00~21:00
定休日:日・祝日
[PR]
by yukaripod | 2008-11-06 15:21 | そとでごはん