むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

カテゴリ:フラメンコ( 32 )

練習するしかないんだよ

フラメンコでは、体を軸に回転することをブエルタと言います。

とにかくわたし、このブエルタが大の苦手でして。←コロンボ風に。

フィギュアスケートのスピンや、バレエのピルエットで、顔があとからついてくるように見えるアレを想像していただければよいかと。
すべるスケート靴を履いているわけでもないし、つま先で立たなくちゃいけないこともないので、くるっと軽やかに回りたいもんだ。

いまはせいぜい1回転だけど、そのうち2回転や3回転の振り付けも出てくるんだろうなあ。

そもそも体のかたいわたしにとって、苦行以外のなにものでもない。
回転は遅いし、首は一緒についてくるし、ただ一回転してるだけ、って感じ。
先生がよく、「回る、というよりも振り返るって感じ」とおっしゃるんですが、まずその感覚がわからん・・・(汗)

回転だけでなく、フラメンコは首のキレがかっこよさを左右すると言っても過言ではないので、本当はもっともっと練習しないといけないのだよ。
わかってるんだけど。
以前、レッスン前のストレッチ中に「よっしぃさん、もっと首まわして!」って注意されたことがあるんだけど、いや、ほんと限界なんですよ・・・(汗)

なんて言い訳もしていられませんから、練習あるのみです。
これが決まるようになると、かなりうまくなったように見えると思うんだけど、ひとりで自主練をやっているとついつい得意なもの、好きな振り付けばっかり練習しちゃって・・・ってそれ、自主練の意味ないやん。

なんかコツはないものだろうかと調べていたら、こんなものを発見してしまった。
ダンスのターンでモーレツ社員に
おもしろーい。
モーレツ社員にはならなくていいけど、これで練習してみようかしら(笑)

4月4日は桜まつり。
それまでにちょっとでもレベルアップするのだー。がんばるぞー。
[PR]
by yukaripod | 2010-02-18 16:43 | フラメンコ
つまりはインターネットショッピングなんですが。

フラメンコシューズがそろそろダメになってきたので、新しいシューズを購入しようと思って、先日、新宿のチャコットに実物を見に行ってきました。試着と、お値段の下調べも兼ねて。
そりゃ、4年も履いてりゃ普通の靴だって傷むってもんだ。
よくがんばってくれました。

さすがに安いものではないので慎重になりますわ。
これぐらいの値段の靴をふだん履きしている人もいるんだろうけれど、よっしぃ家の経済状況ではカツカツな感じ(笑)←笑いごとじゃないけど笑うしかない感じ。
それでも買うことを許してくれるおとうちゃんに感謝です(涙)

さて。
実際に履いてみると、思っていたよりも1サイズ小さいので良さそう。
どんな靴でもそうだけど、メーカーによってサイズが全然違ったりするし、やっぱり履いてみないとね。
ただ、フラメンコシューズの場合、注文してから製作に入るため、作る人によってもサイズが変わるとは言われました。それはもう仕方ないよね。現地には行けないんだし。

専門店だし、値段はさすがに高め。
調べてみると、メーカーで直接購入した方がはるかに安い。
アフターサービスなんかも考えると本当は専門店で買うほうがいいのは当然だけど、背に腹は変えられぬ。

ここで問題になるのが関税。
どうやら今回(革靴)の場合、スペインからの輸入だと商品の30%ぐらいの関税率らしい。
簡単に言うと、10,000円の商品を買うと3,000円の関税がかかるわけだ。
やれやれ。

それでも、送料込みでも日本の店舗で買うよりは断然お安い。

ただし、なんせ相手がスペイン人。
大手メーカーとは言え、やっぱりインターネットでの買物は勇気が必要。
納期も保証されないし。
他のインターネット代理店で40日ぐらいかかるとか、メーカーで直接買うと2ヶ月以上待たされたとか、税関で止められてたとかいろいろ出てくるんだけど、注文して商品が届かなかった、というクレームはさすがになさそうだったので、もうちょっといろいろ調べてから挑戦してみようと思います。

英語だけど(汗) ←スペイン語ONLYじゃなくてまだよかったでしょ。

9月の発表会には新しいシューズで出たいしー♥ ♥ ♥
[PR]
by yukaripod | 2010-02-17 11:21 | フラメンコ

クリスマスライブ

おとうちゃんとふたりで、先生のクリスマスライブを観てきました。

高円寺のカサ・デ・エスペランサは、わたしが生まれた年に出来た、歴史あるタブラオなんだそうです。
入り口も客席もスナックのようなんだけど、そこにステージがあるだけでもうスペインの雰囲気。

先生のタンゴ、はじめてしっかり観たと思うんだけど、とっても色っぽくてすてきでした。
タンゴ大好き。
あんなふうに踊れたら・・・気持ちいいだろうなあ。うっとり。
おとうちゃんもとても楽しんでいました。よかったよかった♪

先生のブログによると、当日に1回リハーサルしただけなんだって。
話には聞いていたけれど、フラメンコの舞台では当たり前のことらしいんです。
たった1度のリハーサルで、振りと歌とギターがあんなにも素晴らしい世界を作れるなんて。
フラメンコって本当に魂の踊りなんだな、って思いました。

わたしがそのレベルに達するには、まだまだ時間はかかりそうだけど(笑)
フラメンコのステージを観るたびに好きになります。踊りたくなります。

来週月曜日が今年最後のレッスンです。
来年もがんばるぞー。
[PR]
by yukaripod | 2009-12-25 23:51 | フラメンコ
昨日は先生のライブを観に、恵比寿のサラ・アンダルーサに行ってきました。
スペインのタブラオ(フラメンコを観ながら食事をしたり飲んだりできるお店)とはやっぱりなんとなく空気が違うけれど、なかなかそれっぽい雰囲気。
食事つきの席で予約していたので、ステージにも近くて迫力満点。
踊り手の汗が飛んできそうなぐらい。

スペインで2度、タブラオでショーを観てきたけれど、観光客相手とはいえそこはスペイン人。
「音楽を踊っている」というあの感覚は、フラメンコの音楽が体に流れるスペイン人独特のものなんだな、と鳥肌がたちました。
日本にはないフラメンコのリズム、本当にたくさん聴いて、感覚でとらえられるようにならないといけないことを実感しました。

昨日のライブは、そんなスペインの風を思い出させてくれるすてきなライブでした。

先生の踊りは、いかにもフラメンコっていう感じの踊りとはちょっと違って、ほかのバイレ(踊り手)の方とは違う雰囲気を醸し出しています。
言葉で説明するのは難しいんだけど、色気があるというか・・・かわいい。
なんて言ったら怒られるかしら!?(笑)

いつかあんなステージで踊れるようになるのか、わたし!?

スペインから帰ってきて、すでに新しい曲の振り付けが始まったクラスに行ったらもう浦島太郎。
ついていくのに必死ですが、2週間分取り戻して、また新たなきもちでがんばります。
[PR]
by yukaripod | 2009-10-26 10:24 | フラメンコ

ホームパーティ(夜編)

さて、Eちゃんを見送っておよそ2時間後。
続々と集まる仲間たち。
少々狭い思いをしていただきつつ、パーティ(夜編)のはじまりはじまり。

話上手なSちゃん、Nちゃんの話に大笑いしたり。
Mちゃんとわたしはキッチンドランカーになって(笑)、サラダを作ったり、パエジャ(夜用)を作ったり。
f0194020_20374670.jpg



料理教室の先生をしているRちゃんが作ってきてくれたキッシュ。
f0194020_20423961.jpg

残った1切れをたべたおとうちゃんが「うまいっ!!」と感激していました。
わたしにはない引き出しだもんね・・・(涙)

Nちゃんがお土産に持ってきてくれたケーキ。
f0194020_2044498.jpg

キャラメルの甘みと苦味が絶妙でとってもおいしかった!

SちゃんとJちゃんからはチーズとクラッカーをいただきました。
これがまたおいしかったんだけど、なんと写真を撮り忘れてしまいました。すまぬ。

YouTubeでフラメンコの動画を探して鑑賞会が始まったり。
みんな本当にフラメンコが大好きなんだなあ。うふふ。

そんなこんなで、なかなかクラスだったり打ち上げだったりでは話せないようなこともいろいろと・・・で、本当にあっという間に時間が過ぎちゃった。
みんなそれぞれに仕事を持っていて、土日休みではないのに仕事を終えて来てくれたり、次の日も仕事なのに来てくれたみんなに本当に感謝。

次はモツ鍋パーティだもんね♪

さて、はるこさんのリクエストにお応えして・・・
[PR]
by yukaripod | 2009-09-07 21:02 | フラメンコ

ホームパーティ(昼編)

フラメンコをはじめてもう3年9ヶ月になろうとしている。
その間、桜まつり3回、ミニ発表会1回、発表会2回と6度の舞台経験をした。
いやー、時間が経つのは本当に早いなあ。
それなりに成長はしていると思うんだけど、最初から変わらないのは「緊張しない」ことかな(笑)
わたしとしては少しぐらい緊張してみたいし、なんかこういうのって本当の「恐さ」みたいなものをまだ知らないみたいで、未熟者の証のような気もしなくもないし、複雑だよね(笑)
いつかそういうきもちになる日が来るんだろうか。

打ち上げの席にも何度か参加させてもらったけれど、ふと思った。
クラス以外では打ち上げの場でしか話す機会がなかったなあ、と。

今回はじめて長い曲に挑戦して、自主練もたくさんしたし、ここらでもうちょっと親交を深めたいな、と。

というわけで、同じ曲を踊ったSちゃん、Rちゃん、Jちゃん3人と、来シーズン同じクラスになるNちゃん、昨年の発表会で同じ曲を踊ったMちゃん、Eちゃんに「家でプチホームパーティやらない?」と声をかけたらさすがフラメンコ。みんなノリノリでOKしてくれました。

みんなは夜から来てくれて、Eちゃんは夜からほかの用事があるのに昼間にひとりで来てくれました。
うれしいねえ。
というわけで、まずはEちゃんとの昼編。
f0194020_20194718.jpg


Eちゃんのお土産のソーセージ。これがまたおいしかった。ビールに合う!!
f0194020_20211266.jpg


そして、初挑戦パエジャ。おとうちゃんの専売特許を奪ってしまった(笑)
f0194020_20221865.jpg

自画自賛するよ。おいしかったもん(笑)

仕事が忙しくてなかなかフラメンコのレッスンに出られないEちゃんと、女性の仕事とか結婚(彼女は独身)の話なんかでひとしきり盛り上がり、まずはお開き。
次回はみんなと一緒にね。

夜編につづく。
[PR]
by yukaripod | 2009-09-07 20:33 | フラメンコ
某日。
発表会用の衣装を作ったお店との連絡係をしてもらっているSちゃんから、衝撃的なメールが届いた。

「スペインの工場のミスで、わたしたちが選んだ生地が実は売り切れていたらしい!」



ガ━━(゚Д゚;)━━ン!!!!!!



なんということでしょう!
(ビフォーアフターのナレーション、サザエさんだってご存知でした?←前にも書いたか?)



同じ柄で色違いならできるというので、時間もないし、生地はそれで良しとして、とりあえず金額は下げられないけれどお詫びにおまけをつけてくれるとのお店からの提案があった。
でも正直、使わないものをおまけしてもらっても仕方がないので、そこのところは交渉役のSちゃんにがんばって「わたしたちのショックは大きい」ということを伝えてもらい、お店からの連絡を待つことに。

数日後。

予想もしないSちゃんからの報告メールに狂喜乱舞。
なんと、その生地で作られていた衣装サンプル写真を見て、みんなすごく気に入ったんだけど予算オーバーであきらめたデザインで作ってくれるとのこと。



ヘ( ̄▽ ̄*)ノ・ ・.♪ヒャッホーイ♪.・ ・ヾ(* ̄▽ ̄)ノ



思いがけない展開に、一気にテンションが上がるわたしたち。
(一部の若者の間では、こういうとき「高まる~」(←けだるく。高まる感ゼロな感じで(笑))と言うらしい)
これもすべてSちゃんのおかげです。
お店の担当者Tさんも、きっとがんばってくれたんだと思います。
(フラメンコ用品のお店の人って、接客の悪さには定評がある(笑)らしいんだけど、Tさんは生地を選んでいるときからとっても良くしてくれていたのです)

本当にありがとう。

先日のリハーサルではだいぶダメ出しをくらったわたしたちですが(笑)
気合入れなおしてがんばるぞー!

だって、まずはカタチから、だよね?(笑)
[PR]
by yukaripod | 2009-07-31 12:25 | フラメンコ

発表会のお知らせ

※しばらくトップ記事にさせていただきます。通常の記事はこの下から。

小形衣里フラメンコ教室発表会 Vol.3

2009年8月30日(日)
開場 : 12時30分 
開演 : 13時00分
場所 : 新宿エル・フラメンコ

※チケットについてはお問い合わせください。

いよいよあと1週間。
[PR]
by yukaripod | 2009-07-30 12:30 | フラメンコ

発表会の衣装

 昨日、8月の発表会用の衣装を決めてきました。

 実は1回見に行ったんだけど、なかなかみんなのイメージがふくらまず、まとまらず・・・で、出直し。サイトから写真を印刷して、色を変えて着せ替えをしてみたり(笑)。ふだんの洋服でもそうだけど、見た感じと着た感じって全然違うもんね。やっぱり試着は重要。特にステージ衣装だし。

 幸運なことに、わたしたちがほぼ決めていた生地で作ったスカートがたまたまお店にあった(前回はなかった)ので試着させてもらったら、イメージしていたよりも良かったので即決定。それからスカートの形、上着の生地を決定して採寸。あー、まとまってよかったー(笑)。今回は4人の群舞。4人いたらけっこう意見がわかれるんじゃないかと思っていたからね。

 お値段も予算内におさまったし、万事OK。出来上がりを待つばかり。

 新しい衣装ってテンションあがるわー♪ステージのたびに衣装を買うのはかなり痛いけどね・・・。8月あたまには仕上がる予定。早くできないかなー。わくわく。

くるっくー
[PR]
by yukaripod | 2009-07-10 13:58 | フラメンコ

情熱のエル・フラメンコ

 小林弘子先生主催のカルメラライブコンサートに行ってきました。場所はエル・フラメンコ。そう、次回の発表会のステージ。お店に行くのははじめてなのでとっても楽しみでした。

 上級クラスを中心に、という出演者のみなさま。そのレベルの高さに唖然とするばかり。いつかわたしもこんな風に踊れるようになるのかしら…!?

 わたしたちのスタジオでも代教をなさっているヨーコさんがお目当てだったんだけど、やっぱりすてきー。キレがあって色気があって、お笑いもあって(笑)。ステージ上で踊りの中で「テュース!」が出来るのは、日本でヨーコさんだけだと思う!(笑)。
 そしてわたしが「雷が落雷した(by道明寺(笑))」のが、小林弘子先生のタンゴ。歌って踊るタンゴ。痺れました。めちゃくちゃカッコイイ!!同じく歌にも興味のあるMちゃんと、「わたしたちが目指すのはこれだよ!!」と大騒ぎでした(笑)。

 出演してもいないのにMちゃんとSちゃんと3人で打ち上げ。しかも入口で(わたしたちの)先生とすれ違うし(笑)。残念ながらSちゃんは途中で帰ってしまったけれど、昼間からビールを飲みながらフラメンコをアツ~く語ったのでした。このフラメンコ熱、どこまで上がるのでしょうか。とりあえず8月の発表会までキープしなくちゃだわ(笑)

 でも、あのステージで踊れるというだけでテンションあがっちゃいます。自主練するぞ。
f0194020_12581856.jpg

 銀座ライオンの「幸せのブーツグラス」で乾杯♪
[PR]
by yukaripod | 2009-07-01 13:00 | フラメンコ