むうちゃんとおとうちゃんとジュニさんの"のほほん"おとぼけDAYS。

by yukaripod

<   2010年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

無料より高いものはない

バルサン焚いて2時間後。
家に帰ったらもくもくもくもく・・・
急いで窓を開けるけれど、虫が死ぬんだからそりゃ強力だわ。
ちょっと吸い込んだだけでもげほげほげほげほ・・・

我々まで退治されるところでした(笑)

マスクをして家中を雑巾で拭きまくってなんとか終了。
さすがですね。
4~5匹やられてました。

そもそもバルサンをしようと思ったのは、ポストに入っていた害虫駆除業者のチラシを見たから。
床下の害虫駆除無料キャンペーンをやっているという。
こんな時期なのに、引っ越してから2ヶ月の間に2匹もMr.Gを目撃しちゃったし、絶対いるぞ、夏は出るぞ、無料ならやってもらおう、ということで来てもらったんだけど。
じゃあ、上も一緒にバルサンやっちゃおうってことで冒頭の事態になりまして(笑)

害虫駆除屋さんは、ピザ屋みたいなバイクでやってきました。
畳をめくると、畳の下の床板がはがせない造りだったので、支障がない程度の穴を開けて床下に薬を撒いてもらう。

結果はやっぱり、Mr.Gのたまごがたくさんあったらしい(もちろん見てないよ!!)。

ひえ~~~~っ( ̄Д ̄;))))
これでだいぶマシになったかな。もう出てこないでね。お願いだから。

まあしかし。無料より高いものはないってやつでね。
「シロアリがいますねー」と言われちゃうわけですよ。

床下の一部と、お風呂場の壁がシロアリにやられているらしい。
ただ、古いけれど造り自体はかなりしっかりした家らしく、さほど大きな被害ではないらしい。
とりあえず見積もりを出してもらって大家さんに相談したら、ふたつ返事で「じゃ、やりましょう」ということになっちゃった。

うちは無料で来てもらったのに有料のものは大家さんに出してもらうって、なんだかふっかけてる感じで申し訳ないな、と思いつつも、ほかの業者さんに頼むよりは安いみたいだし(来てもらったのは大手ホームセンターの業者)、大家さんも「今やっとかないとうちもいつまで生きてるかわかんないしさ」って。
ほほほ、なにをおっしゃいますやら。まだまだ大丈夫ですよ、大家さん。夜中まで日曜大工やってるぐらいだから(笑)

というわけで、またまた甘えて来週はシロアリ駆除でございます。やれやれ。
[PR]
by yukaripod | 2010-05-30 14:50 | ケ セラ セラ

焼き鳥+ワイン=悪妻

回想。

いつものように素晴らしい仕事っぷりのプロデューサーとうこ
うりぴーさんとの初会合にセレクトしてくれたのは、開店したてほやほやのYakitori Dining Pollo
新宿三丁目という、おふたりにとっては危険地帯(笑)を抜け、ちょっと奥まった路地にありました。

うりぴーさんとはじめまして・・・のご挨拶を済ませてまずはビールを1杯。
ワインが開栓される頃にはもう、昔からのお友達のよう(笑)
ブログ友達って、こういう無駄のない感じがいいのよね。
細かいプロフィールを知るよりも、ブログの会話でふだんの生活が見えちゃってるから(笑)

おいしい食事においしいワイン、楽しい話もすすむすすむ。
f0194020_14181777.jpg

焼き鳥もこんなお皿に乗ってきたらおされだねー。
焼き鳥=キャベツの大盛りだと思ってるから(笑)
右上のむね肉を皮で巻いた串なんかも手がかかってる感じよね。
右下は鳥のネック!
たまさんの天ぷらが食べたくなった・・・。
f0194020_14202244.jpg

このバーニャカウダのソース、とってもおいしかったー!!
セロリのように見えるものなどは、東北(どこだっけ!?(汗))の山菜だって。
名前聞いたけど忘れちゃいました。店長さんごめんなさい。
生で食べてもクセがなくて甘くて、ソースによく合ってました。キャベツも美味~。
f0194020_1418315.jpg

オマケのハートつくね♡
しっかりハートを射抜かれました。
f0194020_14184079.jpg

鳥の刺身をふつうに食べる九州人としては、鳥のカルパッチョ、かなりポイント高し。
f0194020_14184884.jpg


イタリアのなんとかってきのこ。そろそろほろ酔い・・・(笑)
f0194020_14185899.jpg

コースには入ってなかったけど、米が食べたい頃合でグッドタイミングにすすめられた焼きおにぎり。
とろーりチーズでノックアウト(笑)
f0194020_1419521.jpg

デザートはあずきと栗のアイスクリーム。
店員さん同士でディスカッションして決めたものらしく「ご意見をくださればサービスします」とおっしゃる。
おや、うちにはとこたんという最強の評論家がいることを知ってのご依頼ですか?(笑)
「あえてこの時期に栗っていうのがいい」「和風というとつい抹茶や和風のシャーベットに走りがちだけど、この意外性はあり」というとこたんの評に、「そうなんです、抹茶と迷ったんですが僕が押しました」という店長さん。
さすがとこたん!店長さんもご満悦のご様子(笑)
f0194020_14191430.jpg



お会計の頃には、3で割りきれる計算もできなかった我々。
ああ、お酒ってこわいこわい(笑)

今回は「NEW OPEN記念特別コース 2,980円→2,000円」だったんだけど、ふつうのお値段でもこのお料理なら納得。
また機会があればお邪魔します。
次はアラカルトも試してみたいです。

2次会もとこたんプロデュースで、念願のスペインバルへ。
おなかはいっぱいだったのでタパスは本当におつまみ程度に。
こちらはワイン2本で半額クーポンを駆使して(笑)。なんせお店の名前からして「がぶ飲みスペインバル」だもんね(笑)

ここの写真が1枚もないところから、よくしゃべってたのがバレバレですなあ(笑)
とこたんとふたりだと野球オンリーの(しかもコアな(笑))展開が、うりぴーさんによってサッカーやフットサルといった新鮮な話題が盛り込まれ、多方面にわたるお話にうっとり。
すでに次回が待ち遠しくてたまりません♪

とこたん、うりぴーさん、ありがとうございました。
さて、次はどこで飲む?(笑)


--------------------------------------------
Yakitori Dining Pollo

東京都新宿区新宿5-10-5
03-5269-6469
(予約受付:16時~)
18:00~05:00(L.O.04:00) 
無休
[PR]
by yukaripod | 2010-05-28 14:20 | そとでごはん
って言われちゃう代表格のような、人の良さそうなヤクルトの高田監督が辞任。
さすがに20失点、交流戦9連敗はキツかったか。

高田さん、表舞台よりも縁の下の力持ちでいてもらったほうが良いのかも。
球団もなにがしかのポストを用意するって言ってるし、今後は後ろからヤクルトを支えてくれることを期待しましょう。

ヤクルトといえば、あの頃はミーハーしてましたわー。
荒木、池山、広沢、古田、石井、伊藤、伊東、川崎、内藤、高津、岡林、飯田、稲葉、秦、土橋、荒井、八重樫(笑)
順不同。
にしても、今のソフトバンクの選手の名前を挙げろって言われても、こんだけスラスラ出てくるかどうか・・・。
いやー、楽しい球団だったよね。
当時のプロ野球aiなんて、アイドル雑誌顔負けだったよね。
今でもそうなのかしら?
(それより今でもあるとかいな?(汗))

早くも来期は荒木監督か!?なんて声も上がっているもよう。
一部報道では、若松監督が引き継いだ野村ID野球を古田監督が捨ててからヤクルトがおかしくなった、なんてことも言われているようで古田さんもとんだとばっちりだけど。

昨日は石井一久が阪神線で勝ち星を挙げたり、藪も阪神に戻ってくるかも?なんて言ってるし、こうなったら高津さん、ヤクルトに戻ってきませんか?
[PR]
by yukaripod | 2010-05-27 16:17 | スポーツ

おや・・・?

「明日、早起きして走る!」
・・・と宣言して、昨夜10時すぎには布団に入ったおとうちゃん。

今朝6:30すぎにふと目が覚めると、隣から寝息が聞こえてくる。
あれー?おとうちゃん、4:00起きして走るんじゃなかったのー?

「起きたら6時過ぎとったー。んふふー♪」


「んふふー♪」て・・・やる気あるんか?君は。(_ _;)


来月アタマにまたマラソン大会(と言っても5kmやけど)に出るってのに。
大丈夫かい?
[PR]
by yukaripod | 2010-05-26 10:36 | ケ セラ セラ

健康食卓

まあ、晴れときどき健康、ぐらいの意識で(笑)

f0194020_1063943.jpg最寄り駅にオーガニックショップがあるのは知っていたけれど、なんとなく敷居が高いような(値段も高いような)気がしてちょっと入りづらいなあ、と思っていたんだけど、「牛乳のタイムセールやってまーす」という声に惹かれて入ってみたところ、モノにもよるけど、なんでもかんでも高いってわけじゃないことが判明。
有機野菜の値引きセールもあるみたいだし。
そこで見つけたのがこれ。
ジャックの豆ミート。
以前brownさんから、こういうののもうちょっと大きめ固形のをいただいたことがあって、見つけたら買おうと思っていたけど、見つけられずにいつの間にか忘れていたの。

これはミンチ風で、お湯で戻したら牛乳を吸いきったコーンフレークみたいだ(笑)
さっそく大豆ハンバーグを作ってみたよ。
f0194020_9381121.jpg

今回はおためしで、袋に書いてある通りに小麦粉を混ぜただけで作ったけど(しかもちょっと小麦粉入れすぎたけど)、タマネギも入れちゃえばまったくふつうのハンバーグみたいに食べられそう。

先日は野菜スープに入れてみたりしたけど、ミートソースとかいろいろ使えそうやし。
おとうちゃんからも、味的にもコストパフォーマンス的(←実はこれにうるさい)にもOKが出ましたのでね(笑)

「適度な飲酒は健康にいいのよ@とこたん」というわけで、給料日なのでワインなど(笑)
f0194020_10164119.jpg


と言っても、スペイン産のやっすいワイン(880円也)だけど、値段のわりにびっくりするぐらいおいしかった(笑)

ほんとうにおいしいワインまであと2日~♪
うしし。
[PR]
by yukaripod | 2010-05-25 23:36 | うちのごはん
f0194020_912451.jpg花散らしの雨-みをつくし料理帖
高田 郁
ハルキ文庫


午後から担当者のおつかいで箱崎まで出かけることになった。
1作目をさくっと読んでしまったので、これはチャンス!とばかりに電車に乗る前に本屋に寄って、2作目である本作を購入。

時間で言うと往復2時間ちょいの小旅行。
で、読み終えてしまいました(汗)
この手軽さがこのシリーズの味ですね。
権力には立ち向かっていくのに、人情にはとんと弱い澪と、まわりの人たちの騒々しい日々がテンポよく進んでいくのが小気味いい。

少し日和見主義な感じも否めないけれど、まあそう言わず(笑)
さらっと読んでしまえば心がほわーんとしてきます。
再建したつる家のお献立にもうっとり。
この本を読むと、否応なしに季節のものが食べたくなっちゃう。

現代では年がら年中、どんなものでも食べられるようになったけれど、やっぱり旬のものは旬にいただくのがいちばん美味しいもの。
そんな思いでお料理をすると、台所に立つのももっと楽しくなるかもね。

そうそう。
今回のお話の中で、胡瓜の切り口が三つ葉葵に似ているというくだりがあったけれど、博多祇園山笠にもそういう験担ぎがありましてね。
切り口が祇園さまのご紋に似て畏れ多い、ということで、山笠の期間中は胡瓜断ちをします。
わたしが胡瓜を嫌いだったのはそのせい・・・ではないけどね(笑)
今では食べられます。

もうすぐ6月。博多の街に法被姿がちらほら出始める季節やねー。
[PR]
by yukaripod | 2010-05-25 13:07 | 本・音楽・映画
f0194020_1332483.jpg八朔の雪―みをつくし料理帖
高田 郁
ハルキ文庫


久しぶりに買った本が当たりだとうれしい。

しばらく前から気にはなっていたんだけど、ぐるっと本屋を一回りするあいだにほかに気になる本を見つけてしまって、また今度・・・と後回しにしていた本。
今回はなんとなくこの本を手にとってレジに向かってました。
そういうタイミングってあるよね、本に限らず。

西から東に出てきたわたしが最初に戸惑ったのが味の違い。
上方から江戸に出てきた主人公の澪が、江戸の味の濃さに戸惑うところなんて思わず首を振って頷いてしまいます。

「時代小説文庫」というカテゴリだけど、がっちがちの時代小説ではないのですんなり入ることができました。
時代小説が好き!という方には逆に物足りないでしょうけれど。
ただ、このお話を現代風に書かれていたら、もしかしたらわたしの苦手なジャンルだったかもしれない(笑)
「時代小説風」「料理」という味付けが、わたしにちょうどいい。

下がり眉の顔があらわすように気の弱いおじょうちゃんかと思いきや、不条理なことには腹を立てたり(ひとりよがりなときもあるけれど)、いきり立つ澪の怒りをおさめてくれる周りのひとたちのあたたかさにホッとするお話。
[PR]
by yukaripod | 2010-05-24 14:08 | 本・音楽・映画

呼吸

高円寺のカサ・デ・エスペランサでの先生のライブを観てきました。

19:15に高円寺で待ち合わせ。
19時前に新宿に着いて「余裕~♪」と電車(総武線)に乗り、本を読み始めたわたし。
到着予定時刻ぐらいに、にゃぴさんから「つきましたよ~」のメールをいただく。
おお、ばっちり!
と思ったら、「水道橋~」という車内放送が聞こえてきた。

なぬっ!?水道橋!?

逆方向やん!

本に夢中になっていて、まったく気がつきませんでした。
とほほ・・・。

そんなわけで遅刻しました。ごめんなさい。



先生のライブはいつものようにとってもすてきでした。
1部は、先生の香りが漂ってくるような妖艶なグアヒラ。
(近くの席で観ていたSちゃんは、ほんとうに先生の香りがしたと言っていました(笑))
2部は、1部のグアヒラとは打って変わって、心打たれるシギリージャ。

ああ、わたしもいつかあんな風に踊れるようになりたい!!
表現するってすばらしい。

今回のライブで、先生の踊りもそうだけど、カンタオーラ(歌)の川島さんの歌を聴いて思ったこと。

呼吸。

「息を合わせる」という意味での呼吸もそうだし、曲の抑揚とか切り替えとか流れとか、ポイントになるところの呼吸が大事なんだなー、ということ。

振りつけを間違えないように必死で(それでも間違うんだけど(汗))、気がついたら息を止めて踊っていることがよくある。
ギターの小原さんが練習に来てくださるときにも、小原さんの呼吸が聞こえてきて、「はっ!呼吸!呼吸!」といつも思うんだけど、これがなかなかね。

呼吸を支配できたとき、なにかが変わるかも知れないと思うよっしぃなのでした。

ステージ後、先生を交えて、ライブを観にいらしていたほかのクラスのみなさんと合流してのおしゃべりもとっても楽しくて、すてきフラメンコ・ナイトでした。

みなさんありがとうございました♪
にゃぴさん、またぜひご一緒しましょう。
今度はちゃんと時間通りに行きますから~(笑)
[PR]
by yukaripod | 2010-05-24 11:58 | フラメンコ

ありものごはん

お天気も悪いし、なんとなくのどがいがいがしてるし、今日は1日ゴロゴロの日と認定。
わたしに粘着テープを巻きつけていたら、きっと部屋がきれいになったことでしょう(笑)

ありものごはん。
f0194020_10251767.jpg

はるこさんからいただいていたピエトロのスパドレを使ってピーマンパスタ。
このスパドレおいし~い。
サラダのドレッシングにしてもおいしかったし、ピエトロのサイトに載ってた炒飯もおいしそう。
よし、次は炒飯で食べてみよう。

おとうちゃんは辛くして食べたかったみたいで、(市販の)ラー油をかけて食べてました。
「ぺペロンチーノ風」とか言って。
おとうちゃんの味覚、ときどき意味不明。

はるこさん、ごちそうさま~♪
[PR]
by yukaripod | 2010-05-23 22:35 | うちのごはん
こおぅぉぅぉぅぉぅべぇぇぇぇぇ~♪

もとい。

神戸。
三宮。
わんだほー。

いまさらGWを振り返るシリーズ、その2。(その1はどれでしょう?(笑))

車で帰省の醍醐味、寄り道。
むしろ、徳島に帰省するというより、はるこさんに会いに行くという名目になってきた気もします(笑)

本当は、おとうちゃんは同級生と会う予定で、うしし、はるこさんとこたつでサシ飲み!とこっそり目論んでいたんだけど、同級生は仕事が忙しくて結局会えず、おとうちゃんも一緒。
ちっ・・・(←こら)
でも、わがままを言ってカウンターに3人、並ばせていただきました。

おいしい写真ははるこさんにおまかせして・・・(手抜き)
ちがうアングルでお届けします。
f0194020_22273199.jpg


f0194020_2227223.jpg

f0194020_22271788.jpg

えーと・・・まーちゃんさん、お会計間違ってませんか!?
というお値段に毎回びっくりしちゃうんですけど、はるこさん、あとから請求されたりしてませんか!?(汗)
費用対効果は日本一です、間違いなく。

そこにはるこさんが居る限り、そこにこたつがある限り、わたしはまた神戸に誘われるのです。

今回も、美味しいお酒に美味しいお料理、そして時間を忘れる楽しいおしゃべり。
わたしも途中から、ちゃんと会話になってたか自信がないんですけど(笑)
そういう「細かいことは気にしない感」が共有できるところが、またいいのよねー。

はるこさんって本当にブログの文章そのままの、関西人の良い意味での毒を盛ってる持ってるスルドイお方。
それをあのやさし~い声でユーモアたっぷりに表現してくれるからもうメロメロよ~(笑)
わたしの憧れのおねえたま。
いつも本当にありがとうございます!!
7月は東京でハジケましょうね!ふふふっ(^m^*)
[PR]
by yukaripod | 2010-05-20 22:43 | 旅行